スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
僕の言葉
僕の言葉は
嘘っぽくて愚痴っぽくて
だから時々嫌になるんだ
もう本当に嫌になったよ

僕の言葉は
飽きっぽくてほこりっぽくて
だから時々捨ててしまうんだ
もう飽きたからいらないよ

僕の言葉は
熱っぽくて疑りっぽくて
だから時々角が立つんだ
傷つける気はなかったよ

僕の言葉は
春っぽくって艶っぽくって
だから時々蝶になるんだ
すぐにどっかに飛んでくよ

僕の言葉は
手の平サイズ
軽くてちっぽけだから
君のポッケにちょうど入るね
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/05/22 18:56 】 | 好きに書いた詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<幸福 | ホーム | 疑心>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/86-ee4a024a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。