スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
足跡
足跡を残してくれてありがとう
私は足跡をたどる
何者がこの貧しき地に足を踏み入れたのか
その謎を突き止めるべく私はたどる

足跡を置いてくれてありがとう
私は足跡を消す
もう道順は記憶の中にあるから
あなたの家を地図に写して私は消す

足跡を刻んでくれてありがとう
私は足跡を置いておく
いつでもあなたが来た道をたどれるように
あなたのイメージと共に私は置いておく

足跡を忘れてくれてありがとう
私は足跡をすべて消し去る
再び誰かが訪れる日を願って
みんなの足跡と共にあなたの足跡も
私は真っ白に消してしまう

足跡を残してくれてありがとう
残された足跡の数だけ
私は微かな足音を思い出せる
あなたの残してくれた足跡で
私はまた明日から歩いてゆける
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/05/19 18:24 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<メモ帳 | ホーム | 猫に言葉>>
コメント

ご来訪ありがとうございます。
私も遊びに来ました。
又来ますね。
【2006/05/19 20:18】| URL | いつまでも少女 #-[ 編集] |
ありがとうございます
いつまでも少女さん、ご来訪ありがとうございます。

足跡をたどって歩くうちに、自分もまた色々な場所に足を踏み入れ、未知なる場所に足跡を残していることに気づかされることがあります。
とても不思議な感じがします。

また来てくださいね ^^
【2006/05/19 21:22】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/82-a53b2938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。