スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
切り抜き
「あなたは隅っこが好きだったものね
隅っこを取っても負ける時は負けるのよ」
勝ち負けなんて僕は
振り返ると彼女はまだ紙上にいた

勝ち負けなんて僕は
眠っているのが好きなだけです
読み手のない手紙が
繰り返し書かれるばかりの日々
なんか意味ないの

再び振り返った時
もうそこは切り取られたあとだった
何があったか思い出せない空

見つめている向こう側から
猫が顔を出した

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/07 18:17 】 | 言葉のある詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<シンデレラガール | ホーム | 大阪LOVER>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/656-5ebc068c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。