スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
夏休み女
女の伸びた髪が
伸びて伸びてソファーになった
女は座ってゆっくりとした

ソファーを抱えた身になって
どこへ出かけても
いつでも女は楽な姿勢になれた
やがて髪は
伸びて伸びてソファーも伸びた

 お酒は飲めるの?
 うん サイダー
 サイダーを何で割るの?
 サイダーをサイダーで割るの
 じゃあ今度飲みに行こうか
 うん 行けたら行くよ

こらーっ! あんたら ここはコンビニ前じゃない!

女は酒の話を切った
他人のソファーに断りもなく座り
だらだらしているのが許せなかった

女はソファーと共に出かけ
ソファーと共に帰宅した
歩きながら座り 座りながら歩き
歩くことと座ることは結ばれて一つになった

髪は伸びて伸びてソファーも伸びて伸びた

 この前も逆転勝ちしたよ
 そうなの?
 そうなのよ 聞いてよ
 どうだったの?
 先に点を取られてねリードされたのよ
 うんうん
 それでね 最後は勝ったのよ!
 うそー すごいね!
 ほんと すごいよね!

野球の話は尽きなかった
女はかまわなかった
聞くともなしに聞いていた

髪は伸びて伸びてソファーも伸びて伸びて伸びた

 ずっと見続けていたのに
 最終回だけ見逃してしまったの
 というか寝過ごしてしまったのね
 意味ないでしょ
 お母さんを殺そうと思ったの
 だって二度と見られないのよ!
 最終回の人々の生き様って大事じゃない
 絶対見届けないといけないでしょ
 でも それって本末転倒じゃない
 ドラマはドラマでしょ
 でも最終回だよ
 
最終回の話は尽きなかった
女は口を挟まなかった
聞くともなく聞いている内に眠ってしまった
くたびれた時 女はいつでも休むことができた
女の傍でくたびれた人が大勢眠っていることもあった
髪が伸びて伸びて伸びて
女のソファーは余裕に満ちていたから

 グリップのところって
 インクが見えなくて不気味だよな
 ちょうど罪人が目隠しをされて
 最後のステップに足をかけているような感じ
 そんな悲観的なものかよ
 わからないからいいということもあるじゃないか
 曖昧な希望のような
 意外にそれはなくならないんだよ
 切れたと思ったらまた復活したりね
 そうそう 蛍光灯みたいな
 はい

話は尽きなかった
人々の中で
感謝を持って座っている者は誰もいなかった
ソファーが
女の髪の一部だということなど誰も知らず
話に夢中で
ただ

夏の終わりに 女は髪を切ってしまった
スポーツの秋
そう言って歩き出したという話だ


スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/09/29 23:17 】 | 言葉のある詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<大阪LOVER | ホーム | おや>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/654-c456b037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。