スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
うそっこ
ポケットに手を入れる度に噛み付いた
世に出るためについた小さなうそが
少年の指先を真っ赤にする

誰も知らない逃亡者が
指の隙間から落ちないように
少年はいつも本を読む

つみほろぼし
ひとつまた読み終えて
少年は遂げたように思う
許された虚構の中を通り抜けて
許されて愛されて薄まってゆく
小さなうそ

陶酔を引き裂くように受話器が持ち上がる
ソフトバンクをご利用ですか

はい 家族はみんな死にました

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/09/13 01:29 】 | 言葉のある詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<校庭 | ホーム | おぼろげ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/649-8bbaf5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。