スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
幻の家 
窓の外を眺めていると
おばあさんの家が見えた

木があり池があり
坂の上に一軒
あれがおばあさんの家

トンネルを抜けると
おばあさんの家が見えた

犬がいて魚がいて
広い倉庫があって
あれがおばあさんの家

今すぐタイムスリップして
飛んでいけたなら
コロにも逢えるのに

気がつくと眠ってしまっていた

窓の向こうを眺めると
おばあさんの家が見えた

二階の大きな窓が開いている
裏に回れば小さな川が流れている
あれがおばあさんの家だ


何度も繰り返し
いくつもの
おばあさんの家を見た

そして
突然それは見えなくなった



終着駅が
近づき


スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2009/02/04 01:22 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<手洗い | ホーム | イカを裂く>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/514-da64ffcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。