スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
名詞キャンペーン
毎年この季節になると、ささやかなキャンペーンが始まる。
エンドレスな台詞を、僕たちは声を使い切るまで繰り返す。

「箱の中に、名詞を入れていただきましたら色んな物が当たります」

スーパーファミコン、エアマックス、たまごっち等等、今をときめく人気アイテムの数々が、
当たるかもしれないチャンス……

名詞なら、どんなものでもいいので、みんなお目当ての商品を手に入れようと、
色々な名詞を入れていく。

空、夜、嘘、愛、夢、冬、
靴、遠足、散歩道、チョコレート、
イルカ、色鉛筆、音楽家、東京タワー、
愚か者、酔っ払い、最終電車、8番バッター、ボール……

小さな箱の中は、溢れんばかりの名詞たちで大騒ぎになっていく。
本当に名詞の数には、限りがない。
けれども、時々とても寂しげな顔で言う人がいる。

「名詞持ってないんです……」

あんまり申し訳なさそうに言うので、
何だか気の毒なことをした気がして、少し沈んでしまう。

一日の終わり、
名詞BOXを開けて、集まった名詞を数える。
今日も、300を超えるかもしれない。

三つ目の箱を開けると、いきなり手を噛まれてしまった。
「食べる」が入っていたのだ。
既に、箱の中の他の名詞たちは皆食べられた後だった。
たった一つの動詞を前にして、名詞はとても無力だ。

誰が、こんなものを入れたんだ……
僕が、
どんどん食べられていく。


動け! 自分



スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2007/12/17 20:16 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<お手洗い | ホーム | 連絡通路>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/437-6fd0dc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。