スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
きみに贈る言葉
小さな言葉で
なぜそんなに
大きく傷つくの

単語が切れるほど
尖っているから

ひとつの言葉で
なぜそんなにも
たくさん傷つくの

受け取るきみがひとで
送る相手もひとだから


単純に選び取って
投げ放たれた
無機質な音階に
傷つかなければならないのは

言葉の向こうに
ひとを想う時

ひとつの言葉の周辺で
無数の悪意が歌うのが
聞こえてしまうから

言葉の裏にある心が
痛々しくて
しかたないから






どうしようもないほど




傷つくがいい
傷つけるだけ
傷ついたあと
殺意にも似た感情を
抱いた時に
思い出すがいい
それを宥めるのも薄めるのも
言葉たちであることを



忘れるな

罵られた言葉の向こうに
励ましの言葉が
ひとつ ひとつ
優しかったこと 
優しかったこと

心無い言葉の向こうで
幾つもの言葉が
あの時 きみを
勇気づけたこと
助け出したこと



だからきみは
立ち直るはず


だからきみは
立ち向かえるはず



だからきみは


だからきみは



大丈夫




もう


見失わないはず





加担すべき方向を
スポンサーサイト

テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

【2007/04/15 19:18 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<レモン | ホーム | 水筒>>
コメント

傷つく言葉って
短いのに深く内をえぐり、後に引きます。
優しい言葉は
たくさんたくさんあって有り余ってもいいぐらいなのに。

どんな相手にも
羽根のような優しい言葉を発したいですね。

少々わかりにくいコメントでごめんなさい。
【2007/04/16 22:22】| URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] |

チエノワさん、コメントありがとうございます。

短いほど、核心を突いてくる言葉があります。
何にも覆われていないからこそ、
どこにも逃げ場のない赤裸裸さで、
フォローできない空白に救いを見出そうと、
もがくほどに傷は深まっていくようです。

一度放たれた言葉から、逃げる道はなく、
そんな時、優しい言葉を思い出したくなるのです。
愚かにも忘れてしまっていた温もりを、
羽根のように優しく、遠くから取り戻すように、
手繰り寄せるのです。
そうした言葉のひとつに、自分もなりたいと思いながら……。

いえいえ、とても励みになります♪

【2007/04/17 12:35】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/369-d5fed11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。