スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
樹齢
木に寄りかかってまどろんでいると
年輪の中から物語が現れて
話しかけてきた

何も言わない存在感が
木だと思い込んでいたので
少し変な気がしたけど
気がつくとついつい聴き込んでしまった

ひとりの人間が聞くにはあまりにも長い
まともにつき合っていると
あっという間に一生が終わってしまいそうなので
笑い所を見つけて拍手しながら逃げ帰った

寄りかかっておいて
少し悪いことをしたと思う
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

【2007/04/09 23:38 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<乗り継ぎ | ホーム | 手の中にあるもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/365-d91ffc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。