スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
記念
はじめまして

言葉を発し始めてから
何度となく繰り返しても
決して
馴染めない言葉があります

何もかも始まりだった頃
言葉の意味は
とても単純でした


はじめまして

いつかそれが
さよならと同じ意味と知った時
やはり言葉は
逃げ出しそうでした

本当はいいのです
一度でもすれ違えることは
特別に良いことなのです

それを言葉に
残しておくことも
スポンサーサイト
【2007/03/18 12:39 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<主役のいないドラマ | ホーム | 後追い>>
コメント

うん。やっぱりjunsoraさんの詩は素敵な世界観に包まれてます。。。
>一度でもすれ違えることは
 「特別」に良いことなのです
ただの良いことじゃない。特別に良いこと。
さよならのはじめまして。
私の理解はjunsoraさんの意図とは違うかもしれないけれど
それでも素敵だと思うことに変わりはありません。
【2007/03/18 21:30】| URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] |

チエノワさん、コメントありがとうございます。

世界観、いいですね♪
いま、独特の世界観という言葉に憧れています。

実は、「特別」という言葉はかなり好きなんです。

作意と解釈は完全に重なることは希で、むしろ意図を超えるものこそが素敵ではないかとさえ思っています。
最も自分の場合は、言葉を感覚的に選びすぎて意図を置き去りにしていることが多々あるのですが^^;

素敵に思っていただきありがとうございます!
【2007/03/19 00:42】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/350-df6ddec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。