スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
なきうた
理由もなく
泣きたくなるのです

二月が終わる頃になると
遥かなる距離を越えて
オレンジの光が届いたのを知った時

理由もなく
泣きたくなるのです

小さな息吹が
青白い風の中に
溶け込む匂いを知った時

私は
生まれるよりも遥か前のことを
思い出しながら

理由もなく涙を流し
歌わねばならないという理由において
歌うのです

遠い過去の人である私の声が
あなたの元へ届く日を
想像したりしながら
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2007/02/22 17:28 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<幻想 | ホーム | 正しいことを言う時は>>
コメント

海を見ていると、
理由もなく泣きたくなるのです
人を好きになると
もっと泣きたくなるのです

私は水の中で涙を流します
繰り返されてきた子守唄に
揺すぶられるように・・・

【2007/02/26 22:28】| URL | 愛 #-[ 編集] |

愛さん、コメントありがとうございます。


海は
いつも遠くから見ているだけの
届かない空でした

繰り返される唄の中から
波の音がきこえてきたら
私は砂のように涙を流します

いつかあの人と同じように
海にもかえれるとおもって
【2007/02/27 03:12】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/333-affb72c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。