スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
空のハンカチ
レモン50個分
輪切りにした日々の間で

一滴の幸福が
零れ落ちて
きみは涙 涙 涙

だけど見上げれば
空はかなしいほど青くて
空はどまでもつながっていて
空はいつでも僕らの下に翼を広げていて
どこまでも僕らを見捨てないでいるから

結局彼女は
すぐに空で顔を拭くんだ

レモン100個分の心が
ズタズタに切り裂かれて
レモン1000個分の潤い



涙が

だけど彼女は空を見上げる

あの日に見た空が
いつまでもきみと僕の脳裏で
ずっとつながっているんだって

空はいつも大きくてどこまで逃げても僕らを見守ってくれて
空は夕暮れには赤く染まって太陽を送り届けた後では
空は一つずつ星をつれてきて気がつけば
空は満天の星空ですぐ近くに月が白い顔で微笑を落としながら

突然雲が月を覆いつくして
光を打ち消した後で
別れのラプソディーを奏でても

空はどんなに長い闇に包まれたとしても必ず朝をつれてきて
空はまた青く澄み切った空はいつか見た空と同じように

けれどまた別の特別な空が
今新しくやってきた空が

空は僕らの前に平等に永遠に広がっているからって

結局最後に
彼女は
空で涙を拭けるんだね

だから
彼女の空が
きみにもあるといいのにな


2000枚のレモンスライスくらいの
薄い不思議と青い疑問が
のどから零れ落ちる


いつも空は 優しいかい


今日は見上げることはよそう

さあ 大地を見渡してごらん

人がいっぱいだね


この空の下で
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/11/24 21:14 】 | 矛盾ファンタジア | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<詩・唄・詞 | ホーム | 本当のまやかし>>
コメント

涙が零れ落ちないように
空を見上げて

結局、空で涙を拭くのではなく
涙を誤魔化すの・・・
雨を降らせて
【2006/11/27 17:49】| URL | 愛 #-[ 編集] |
ありがとうございます。
愛さん、コメントありがとうございます。

青い空を
羨むように見上げながら
言葉を全部呑み込んだら

青い空は
憐れむように顔色変えて
無言で涙を吸い込むでしょう

そうして誤魔化すために
力を貸してくれるでしょう

いま窓の外で

誰かのための
雨音が聞こえています
【2006/11/27 21:23】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/266-a906877c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。