スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
きみに描いた絵
いい絵が描けたから
きみにみてほしいんだ

みせたい絵が描けたから
気に入ってもらえるといいな

秋の真中の
ぼんやりと白い
やさしい曇り空を

やっとようやく描けたから
きみにもらってほしいんだ

あの時何かいいかけた

きみの言葉は戻らない

重く滲んだパレットの中で
冷たいキャンバスの上で

固まったままの時間を
ずっと溶かしていたんだ

秋の真中の
ひんやり白い
やさしい曇り空を

黄昏の中で描いていたんだ

僕はひとりで

きみの姿が欠けてから
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/10/15 22:26 】 | 好きに書いた詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<創作料理 | ホーム | 店の終わり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/216-a6195481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。