スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
詩に飢えた狼
詩に飢えた狼が

夜な夜な森を

駆け抜ける

言葉だけが

私の月だった
スポンサーサイト
【2006/03/25 12:17 】 | だいたい5行詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<戻れないブランコ | ホーム | 空の気分>>
コメント

初めまして。
履歴から飛んできました。
言葉だけが私の月だったと言う表現が
素敵だなと思いました。
言葉って、時には傷ついた心を癒す
月にもなるんですよね。
【2006/05/29 00:46】| URL | 育美 #-[ 編集] |
はじめまして
育美さん、初めまして。

言葉は不安と毒気、思慮と陽気さを持っていつも私のそばにいます。
それは時に人間そのもののようにも見えてしまいます。
言葉を使うには、色々な覚悟がいるんだな、と最近特に思います。
どうせなら、月が優しく照らすように、癒され励まされたいですねvv
【2006/05/29 03:49】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/2-98e4e7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。