スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
紙くずの宝物
きみが拾ってくれるなら
紙くずとなって転がっていこう

きみが微笑んでくれるなら
紙くずの中で唄い続けるよ

守られた宝石よりも
その辺に転がってる紙くずでいい

見えない山頂よりも
道端に転がっている紙くずがいい

空はかすんでいるけれど
自分もすっかり汚れてる
だから紙くずみたいに散らばって

きみはそれを
宝物のように抱えてくれた
僕はそれでうれしかった

納得も満足も完成もない
ただ唄うことを望むだけ
誇らしげな紙くずのように
捨てられても流れていく

手の届かない宝石よりも
その辺で蹴飛ばされる紙くずでいい

潜れないほど深い海よりも
浜辺に散らばっている貝殻でいい

きみはそれを
想い出のように拾ってくれた
僕はそれでうれしかった

街の反応は冷たくても
風が運んでくれるなら

心地良い紙くずでいられるよ

きみが拾ってくれるから
いつも僕は零れ落ちる

紙くずの行方はわからない
いつもきみがことばのたより

未完成の欠片でも
きみが集めてくれるから

千切れそうな想いさえ
受け止めてくれるから

心地良い紙くずのまま
いつも散らばってるよ

きみが拾ってくれるまで
僕はまだ転がってるよ
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/09/09 21:51 】 | 好きに書いた詩 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<言葉使い2  | ホーム | みずまき>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/10 00:08】| | #[ 編集] |
こちらこそ
そのように言ってもらえて、救われたような気持ちになれます。
自分の周りのリアルな世界で、詩と戯れている人間をあまり見かけないように、詩をポツリポツリと書いていてもあまり人目につくことはないように思います。
だから、不意に言葉を拾ってもらえると奇跡が起きたかのような錯覚を覚えます。
自分ではいつも拾い取って欲しいと願っていながら、他人の気持ちを拾ってあげる勇気や優しさには欠けている、きっと私はそんな人間なんです。

自分に自信を持つほどにも自分の言葉に自信を持つことはできません。
そう言ってもらえると、うれしさと同時に気恥ずかしさも抱いてしまいます。


陽気な自分の時は、自己満足でも穏やかに笑っていられるけれど、その反対に、自分だけの世界に耐えられなくてどうしようもない寂しさを覚えてしまう時があるのも事実です。
世界中につながっているようにも思えれば、その全てが儚い錯覚であったようにも思えてきたり、そしてただ弱い自分になります。
一年先の自分は全くわかりません。

誰か一人にでも読んでもらえればいいと、最初は本気でそう思っていました。
今ではそれではもう満足できない自分がいて、その自分がとてもよそよそしく見えてしまうのです。
今でもその気持ちは心の片隅では残っています。けれども同じではないのです。

普通と言えば普通なのかもしれませんが、小さな島の小さな学校の小さな入学生の数ほどにもここを訪れる人は多くはないようです。
こちらの方こそ、いつもありがとうございました!
【2006/09/10 14:03】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/11 22:58】| | #[ 編集] |
はじめまして
もしもそのようであるならば、大いなる問題ですね^^;
だんだんそんな気がしてきましたよ…
私の個性はいったいどこにあるのでしょうか(自問

そう言っていただけると、うれしいですねvv
できる範囲で更新するつもりです。
またどうぞお越しくださいvv
こちらこそよろしくお願いします♪
【2006/09/11 23:16】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |

お久しぶりです^^
良いですね…紙くず。
私も輝く宝石や綺麗な光には敵いませんし、とてもなれませんからv
紙くずがぴったりです。
近くにいられるのであれば、どんな形であっても笑ってます^^
何時か近くにいたいと願う人の、紙くずから原石くらいまでに
昇進出来たら其れは夢だなって想いますw
junsoraさんの見方や表現法ってとても好きです。
考えさせられて、でもどこかスッと入ってまた想わせてくれるので^^
またお邪魔したいと思いますvv
【2006/09/12 09:50】| URL | 月宮 雫 #dfjPnhEI[ 編集] |
お久しぶりです ^^
月宮 雫さん、コメントありがとうございます。

良いですよね…紙くず☆
音の響きがとても好きです♪

どんな形であっても……
それは超越的で、とても素敵なことですねvv

うれしいくらいに、時にかなしいくらいに気楽なんですvv
紙くずはどこにだって飛んでいくし、何にだって化けられます。
風と友達なんですよv

紙くずみたいな詩を書いていくつもりです(笑

そう言ってもらえると、うれしいです、とても^^;
また遊びにきてくださいvv
【2006/09/12 17:23】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/195-ee22d732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。