スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
不参加賛歌
ユニフォームが合わないから
試合に間に合わなかったんだ

だから遠くで見ていたんだ

僕は逃げたみたいになってる

ユニフォームが破れているから
ロッカーに戻り縫い始めたんだ

やっぱり僕は逃げたみたいになってる

友達がやってきて

もう終わったよって言うんだ

たったいまの出来事は
華々しい想い出話となって
みんなの汗と一緒にはじけた

僕は外で見てただけ

だから想い出なんかない


楽しいイベントは僕にとっては規格違い

サイズの合わない僕は入れてもらえなかった


僕はいつも遠くで見ていたんだ

いつもみんなの輪の外にいたんだ


それが美しい想い出さ
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2006/09/03 22:00 】 | 好きに書いた詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<あるていど | ホーム | あるところに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/188-b0461151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。