スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
プライド
プチトマトが夕暮れの空に隠れ込んでしまうように

ライン際をゆっくりころがっていくきみを引き戻したかった

生きる意味を投げ捨てるように口から出たぼくの言葉は

どこにでも好きなところへ行ってしまえ
スポンサーサイト
【2006/08/17 20:51 】 | ことばあそびの詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<セミのまたたきのうちに | ホーム | あとすこしのゆうき>>
コメント

初めましてm(_ _)m
新着記事から飛んできました@@
素敵な詩を書かれているんですね^^
なんていうか…綺麗事じゃないのが私にとって心地よいというか、好きです^^
またお邪魔したいと思うので…リンク貼らせて頂きます><
もし不都合があれば、コメント返信で言って下されば良いので…手間を掛けてしまったら申し訳ないです;;
でゎ、失礼致しましたm(_ _)m
【2006/08/17 21:25】| URL | 月宮 雫 #dfjPnhEI[ 編集] |
初めまして
月宮 雫さん、初めましてm(_ _)m
新着記事から飛んでこられたことは私にとって強運です。

素敵と言ってもらえてとても励みになりますvv
自分の詩が客観的にみれたらどんなだろう、といつも思います。
けれども、それは自分を客観視するのと同じように難しいことですね。
私はいつも陽気ってわけではないし、詩を自分と全く切り離して書くとしても自分の中の内面はいくらか表れるものだと思います。
自分の書く詩がどんなものかはわかりませんが、それを心地良く思ってもらえるのはとてもうれしいです。

リンクありがとうございますvv
こちらからも貼らせていただきます。
ではまたm(_ _)m
【2006/08/18 09:19】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/176-8828ce90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。