スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
さよなら
さいしょからもうみえていたけれど

よりそって夢みてたのはほんとうで

ならんで歩いてたのはうそみたい

らくがきみたいに消せはしないよ
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2006/08/13 14:00 】 | ことばあそびの詩 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<まねきねこ | ホーム | たいようのたまご>>
コメント

はじめまして。

この詩を読んでうっときました。

共感です。。。

消さなくていいですよね。。。

また遊びに来ます☆☆☆
【2006/08/13 22:14】| URL | 麻子 #8uw8UDw2[ 編集] |
ありがとうございます
麻子さん、はじめまして。

共感していただいてありがとうございますvv

助かります。

落書きを消すように消してしまいたい記憶があります。
額に入れてとっておきたい落書きもあります。
人から見れば落書きでも、消したくないものは消さなくていいですねv

またお越しください♪
【2006/08/14 12:23】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |

心の中に湧き出た想いは、消そうとしても消えるものでは在りませんね。
やはり心に溶け込む時を待つしかないんでしょうね。
【2006/08/15 14:07】| URL | 樹流 #-[ 編集] |
樹流さんへ
樹流さん、コメントありがとうございます。

深い想いは消そうとすればするほど消えなくなることがあります。
とっておこうとすれば、意志に反して消えていくこともあるのに…

水の流れが石を滑らかな形に変えていくように、時の流れがいつか優しく溶け込ませてくれるのかもしれませんねvv
【2006/08/15 19:05】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/171-7f9bf511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。