スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
眠る街の夜空
穏やかな眠りを街が得る頃
僕らはまた間違える

何が起こっているんだろう

何もしないだけでうそが増えてくる

街はすっかり夜の中で静けさを増していくけど

捨てられないから
まだ持っていたんだ

時としてみえなくなってしまうから

また空を見たんだ


緩やかな眠りを街が得る頃
僕らはまた間違える

何を怒っているんだろう

何もしないだけで汗が出てくる

街はゆっくり夜の深まりに溶け込んでいくけど

逃げ出せないから
まだしがみついていたんだ

人として耐えられなくなっていくから

だから空を仰いでいたんだ

ぼくはそれから

手書きの愛を拾ったんだ
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/08/06 21:47 】 | 好きに書いた詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ファンレター | ホーム | 言葉の思索品>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/164-6af56c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。