スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
真夜中DJ
夜の真中でアクセル踏んだ
逃げ出すようにスピードを上げた
ずっと遠くに ただ遠くへ行こう

午前0時にラジオをつけた
車線を逆行するように
懐かしい曲が流れすぎる

僕はひとり車を走らせた
小さなラジオの向こうから
DJが語るエピソード

信号の色が
黄色から赤に変わる時
車を止めて耳を傾ける
遠い記憶のエピソード

遥か彼方からきこえてくる

僕はまたアクセルを踏んだ
どんどん遠くに離れていった

雨が少し落ちてきて
ラジオのボリュームを上げた
DJが語る
時間の止まるエピソード

僕は車を走らせた
雨がタイヤを滑らせた

僕はどこまで遠く離れてしまったんだろう

雨が激しくなってきて
僕はまたボリュームを上げた
DJが語る
若かりし日のエピソード

振り返っても何もみえない

もう戻れないほど遠くにきてしまった

視界がすっかり鈍くなってきた
ワイパーが激しく揺れた
DJが語る
忘れかけてたエピソード

どれだけの間 離れていたんだろう

ワイパーが雨をかき消しても
もう前は見えなくなった

雨は激しさを増していく

もう前は見えなくなった

車を止めてポケットに手を入れた

そろそろ引き返そうかな
スポンサーサイト

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

【2006/07/20 17:07 】 | 好きに書いた詩 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<憧れ | ホーム | 明るいカフェ>>
コメント

心の時間を走る車をイメージして読ませて頂きました。何時も素敵な表現力に驚かされています。

先日は有難う御座いました。
【2006/07/21 00:17】| URL | 樹流 #-[ 編集] |
ありがとうございます
樹流さん、コメントありがとうございます。

いつも時間の旅をしているのかもしれません。
昔の自分に戻ることはできないけれど、あるきっかけで遠い記憶のある場所に引き戻されることがあります。
それは微笑みのある場所であったり、目を背けたくなるような場所であったりします。
けれども、そのどれもが確かに自分がいた場所なんですよね…。
何百年も昔の話のように思えます。
そんなに生きているはずがないんですが(笑…)

褒めていただいて、とても励みになります^^;
ありがとうございますvv
【2006/07/21 12:03】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |

先日はコメントありがとうございました。
うまく説明できないんですが、目頭が熱くなるような想いで読ませていただきました。
ただただ遠くへ行きたくて、でもある地点でふともういいかなって思うことあるんですよ;
また遊びに来てくださいね!!
【2006/07/23 11:48】| URL | 佐田晶 #-[ 編集] |
佐田晶さんへ
佐田晶さん、コメントありがとうございます。

遠くへ行けば行くほど、旅立った場所は遠くなっていきます。
当たり前にあったものも、それがあったとは信じられないほどに…
遠くへ行けば行くほど、引き返すことが恐くなることがあります。
だけど時々、後ろを振り返ってみたりもします。
遠すぎて遠すぎて、元の場所はすっかり見えなくなっているのに…
それで立ち止まって、前を向いたり後ろをみたり迷ったり(笑…)
引き返すことも、旅立つことと同じように勇気がいるように思います。

またお邪魔しますね ^^
【2006/07/24 01:17】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/150-fc17413a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。