スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
好き嫌い
苦い野菜食べた
案外優しい野菜になってた

嫌いは浅く転げていく
好きは甘くほどけてく

好きな言葉捨てた
嫌いな会話覚えた

好きなブーツ脱いだ
嫌いなシャツを着た

甘い空を捨てた
苦い風を飲んだ

嫌いは欠けていく
好きは駆けてくる

好きなものは変わりゆく
いつだって仕方のないこと
だけどみんな誓いたがる
変わらない好きに憧れる

好きな道を捨てた
嫌いな道を歩いた

嫌いは避けていく
好きは欠けていく

好きなものでも飽きてくる
嫌いなものが新鮮に映る

みんな不安だから
約束に自分を預ける
笑顔で交わした約束さえも
後悔の加速を助けていくけれど

好きは永遠が好き
好きは疑いが嫌い

好きな口癖捨てた
嫌いな敬語覚えた

好きな歌を捨てた
嫌いな作業覚えた

好きなものでも届かない
好きさをすぎて憎くなる

みんな不安だから
誓いを立てたがる
だけど最愛だったものは
時を隔てれば対極に立つ

好きなものは変わりゆく
それは泡沫の気持ち

嫌いは裂けていく
好きは満ちてくる

好きなものが曇り顔
嫌いなものが笑顔になった
スポンサーサイト

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

【2006/07/11 19:15 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(1) |
<<帰り道 | ホーム | >>
コメント

お久しぶりです。
素敵な詩ですね。
好きと嫌い、これも何かと変化して
厄介者だ。
でも私たちはその厄介者に振り回され
たり、愛しく思えたりしながら、
それでも誓いを立てるのかも知れないですね。

でゎ^^
【2006/07/14 23:20】| URL | トコ #-[ 編集] |
ありがとうございます
トコさん、お久しぶりです。

嫌いだった野菜も、食べ方を変えれば案外食べられたりします。
あるいは、何も変えなくても自分が変わっていることで、やはり食べられるようになっていることがあります。
嫌いであるという思い込みで遠ざけていただけだったなんてことも、あります(笑…)
それでも、最も嫌いであったはずのものが、むしろ大好きになっていたりする変化には不思議な驚きも感じてしまいますね。

好きであるものが嫌いになること、あるいは何も想わなくなることは、それよりも切ない感覚でこちらに迫ってきます。
嫌いであったことがただの錯覚であっても別にいいのですが…
好きであった気持ちは、どこか本物であってほしいとも思うのです。
けれども、好きと嫌いはいつも厄介な旅人のようにふらふらと流れていってしまいます。
変わらない好きを恋人に示すなら、やはり誓ってみせるのが良いのかもしませんね!
【2006/07/15 10:03】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/142-2fe8c85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
甘い空
板、岩絵具803×1167mmmm 2005 Kenny しるぶぷれ【2006/07/14 15:14】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。