スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
幻のように
時が経つとね
また違って見えるんだ
なんだかね
それは違って見えるんだ

遠くで見るとね
また違って見えるんだ
過ぎ去ってみるとね
また違って思えるんだ

終わってみればね
また違う話に見えるんだ
なぜだかね
また違う話に思えるんだ

振り返ってみるとね
それは違った景色に見えるんだ
通ってきた道だけどね
それはまた別な風に見えるんだ

後からならね
何でも言えるけど
見た後で言う話は
きっと言い訳めいてきこえるね

でもね
全部が幻ではないよ
今がそうでなければ
たぶん幻ではないよね

あの時はね
きっと必死で
あの時はあの時なりの
選択をしていたんだ

今思えばね
それはよくはわからないんだ
今となっては
もうわからないんだ

ただね
胸の中に残るものがあるんだ
何かね
この辺にまだね

だからね
うまくは言えないけどね
やっぱりね
嘘ではなかったよ
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

【2006/06/13 23:05 】 | 好きに書いた詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<『今にも詩』について | ホーム | 今にもそれは>>
コメント

こんにちわ!
同じものでも見方やそのときの心境によって違ったものに見えることはありますね!
【2006/06/14 14:03】| URL | ノヴェリン #-[ 編集] |
ありがとうございます
ノヴェリンさん、こんにちわ!

近くにあっては見えにくく
遠くにあっては美しく
終わった後では儚くて

物事が過ぎ去った後では、冷静に振り返り分析することもできますが、
物語の中にいて悔いのないように振舞うことはどれほど大変でしょうvv
同じものでも…
全く逆のものに見える場合もあるんでしょうねv
【2006/06/14 17:27】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/106-19c7097f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。