スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
泥棒想い
人を見たら泥棒と思った
一目見た瞬間にもうそれは泥棒だと思った
頭に布切れは巻いてないけれど
間違いない 泥棒に違いない

人を見たら見るからに泥棒だと思った
目が合ったらそれはもう泥棒だと思った
こっそり忍び寄っては来ないけれど
泥棒に違いないんだ

顔を見た時にああこれは泥棒だと思った
鞄の中は盗んだ物でいっぱいだ
今からまた始めるつもりだ
泥棒に違いないのだから

ああ罪深いのは私の方だ
人を見たら泥棒と思う
私の想いを罰してください
どうか私を裁いてください

おおなんて罪深いのだ私は
私は人を見たら泥棒と思ったのだから
どうか私に罰をください
私は人を見たら泥棒と思うのだから
スポンサーサイト
【2006/06/12 16:22 】 | 好きに書いた詩 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<フリーキック | ホーム | そのまま>>
コメント
人を見たら
実は、私は
「人を見たら泥棒と思え」
「上手い話には裏がある」が持論です(笑)

もちろん、誰もが、全てがそうではない、というのも分かってるのですが、世の中それくらい疑ってかかるべきだ、と。

全く、罪深いのは私のほうです(笑)
【2006/06/12 21:51】| URL | あーるぐれい #-[ 編集] |
ありがとうございます
あーるぐれいさん、コメントありがとうございます。

確かにいまの世の中はそれくらいでなければ、逆に危ないという面も多いですね。
信じるということであれば、時間をかけてゆっくりと信じられるものを見つけていけば良いのかもしれないとも思います。

私と共に罪を深めてもらって申し訳ないような(笑…)
それでも、疑うことから始まる詩もきっとあるんですよね!
前向きな方向で納得しようと思いますvv
【2006/06/13 08:49】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |

人を見たら泥棒と思う、
そんな世の中になって欲しくないですね!
でも現実は嫌な世の中になってきてますね!
残念ですが。
【2006/06/14 14:05】| URL | ノヴェリン #-[ 編集] |
ノヴェリンさんへ
ノヴェリンさん、コメントありがとうございます。

残念ながら現実の世の中には嘘、偽りが溢れ返っていますv
人が泥棒やもっと邪悪なものでもあることを、どこかで意識しなければ、
自分や自分の愛する者を守ることもままならない状況であるのかもしれません。
それでも、すべてのものが、あるいはほとんどのものは信頼できないものでもないと思います。
負のイメージから入り、それをゆっくり溶かしていくというのも、
良いかもしれません!

【2006/06/14 17:29】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |

ちょっと遅ればせですがコメントいいですか?

いろいろ考えました。人を疑ってしまう自分が嫌になることもたくさんあるし、仕方ないかなと思う自分もいるし…。
でも、すごく最近思うのは、子供にどんなふうに世の中のことを伝えればいいのかなってことです。人を信じることの素晴らしさを教えてあげたいけれど、こわい狼がいるってこともおしえなきゃならない…そのことが胸が痛くて。
なんとかならないものかなあって…。
難しいですね。
【2006/06/15 22:12】| URL | 銀河ステーション #-[ 編集] |
銀河ステーションさんへ
銀河ステーションさん、コメントありがとうございます。
全然遅くないですよv
それにここでは、遅れて届くコメントをむしろ大歓迎☆しているのです!
それは昔書いた詩を、また新しくやってきた朝のように思い出させてくれるものですから…
だからなんです。

初めて目にするものは少し慎重でもいいのかなと今は思います。
この詩を書いた後で、私は少し楽になった気がしているのです。
人に泥棒(多義的な)を重ねて見る自分を、案外許しながら、
もしも泥棒であったら仕方なし
もしも泥棒でなかったら、素晴らしい人に出会ったように思いますvv

子供にしても、こうした世の中であれば信じることも疑うことも同じように教えてあげなければならないでしょう。
朝と夜を繰り返すうちに、いつしか自分自身で信じるもの見つけ、疑う心を負わされていきながら、その結果どちらが上回ることになるのかはわかりません。
けれども、大人になった時に一つでも信じられるものが残っていれば、それは素敵だなと思います!
【2006/06/16 12:05】| URL | junsora #H8Em3lUo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://junsora02.blog59.fc2.com/tb.php/103-ee120e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。