スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
断水の知らせ
手を汚さないように

おとなしく暮らすのは

たったの3時間ほど

断たれたものが恋しくて

工事終わりの花火を待ってる


スポンサーサイト
【2010/03/26 09:57 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
断絶
この人嫌い……

テレビの向こうの会ったこともない人に

姉はしばしば そう告げた

この人は 誰なのだろう

自分もこの人にあたるのかもしれない

【2010/03/25 22:32 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
雨の仕草
ゴーンと鳴ったのは

鬼でも雷でもありません

誰かが階段の手すりに

傘をかけたというだけのこと

外は雨なのです

【2010/03/25 08:50 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不可侵
触れてはならないそこは

エンターキーさえ利きはしない

キャプテン、迂回しましょう

守られているそこは

赤子の手のようにかたくな

【2010/03/24 15:48 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
休み時間
1時間に10分などと

決まってなくて

雨は時々 力を抜く

自分のためと

みんなのために


【2010/03/24 13:47 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
電脳炊飯器
秘密の小箱の中で

今、何が起きているのだろう

ごうごうという音を聴きながら

私はただ

作品の完成を待つ

【2010/03/23 12:52 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
セルフステーション
一体のロボットが

ただ置いてあるだけ

何かをお願いすると

「自分でやれよばがものよ」

教えてくれるまで

【2010/03/22 16:44 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
指先の記憶
小指 + C を押した瞬間 

あたたかいものが伝わって

忘れない間に

私はベランダを指差す

幻の花が咲く


【2010/03/20 08:31 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ラブレター
キミのことを書こうと思って

どんどんキミから逸れてゆく

たどり着くことだけが怖くて

関係のないことばかり

好きに書いているのだ


【2010/03/19 14:42 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
蘇生 
踏みつけられると容易く

首は折れてしまったが

くるくるとセロテープで巻かれ

再び私の体には真っ白い

シャツが吊り下げられる


【2010/03/18 23:24 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
始まり
ざわめきの中で

誰にも交われず先生を待っている

来ない希望が湧いてきた頃

先生は右側からそっと入ってきて

奥歯について訊ねた


【2010/03/16 17:24 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
空想
ガラス越しに入り込んだ光が

部屋の片隅を照らす

壁から壁へと伝わるのは

いつか小さな虫が残していった

飛行機雲


【2010/03/16 11:08 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
瞬間迷子
今日というお日様の下に

突然放り出されてしまったら

冬なのか春なのか自分は

どこからどこへ向かっているのか

誰が教えてくれるだろう

【2010/03/15 23:35 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
掃除ロケット
紙芝居の門をそっと開いてみると

何かのスロットルに何かが溜まっている

四色ペンの青の先がぬーっと伸びて

ゆっくりとUSBの隣まで

美しく接近する


【2010/03/15 15:21 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不死身
夢の中で父が死ぬ

何かの練習みたいに繰り返し

今日も死んだ

度に家族が

バタバタとする


【2010/03/15 14:29 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
風化
2009年12月までの小枝が

いつまでもテレビの傍の

本の上にのっかっている

いつ頃からあったのか、少しずつ

少しずつ、時が切れてゆく

【2010/03/15 13:55 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジャージ
足元が寒いのはきっと

足首のところで切れているから

誰が切ったか

もっともっと続いていてもいい

あるいは私を、歩かせるためか

【2010/03/15 13:15 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。