スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
朝のまぼろし
カーテンの隙間から

入り込んだ淡い光で

絨毯は雷おこしになりました

私が触れようか迷っていると

波は無言で引いていきました

スポンサーサイト
【2009/09/30 13:10 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
運命

古本屋の軒先で
しばらく背中を
見つめていた

手に取れないのは
今は傘を持っているから
魅力的なタイトルに惹かれながら
青信号が

歩き出す
12月 風の強い朝
雫の垂れる傘を見上げると
骨が一本突き出している

編みかけのセーターに
刺さったままの針のように

疲れた
マンションのゴミ捨て場の前に
神様が立っていなければ
捨てた

傘は部屋の中にある
昔はゴミ箱だった
今は傘立ての中に

【2009/09/21 13:44 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(0) |
停滞
ディスプレーの周りを

小さな蜘蛛が散歩している

お手洗いから戻ってみるとそれは

勇ましく跳躍してタワーに移った

それからしばらく動かない

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2009/09/20 18:26 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
毛布
毛布が落ちていた

少しだけ人の形を真似て

それ以外何もなかった

屋台がむかしあった場所

鈴虫が鳴いている



【2009/09/18 13:28 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
触れたいんじゃい
無性に何かを書きたくなるが

会話をしたいわけじゃなかった

必要なのは

会議室でも掲示板でもなく

自分の部屋だった
【2009/09/17 17:36 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
棒に当たる
前から人が歩いてくる

当たらないように注意して

僕は歩き疲れてしまった

前から棒が歩いてくる

当たってもいいだろうか
【2009/09/17 10:07 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
絶やさなければよかった
笑顔は今日は終わりました

それは残念 とあなたは笑っている

笑っているのが素敵だから私は悲しく

余ってしまうとしても

もっと笑っておけばよかった

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2009/09/15 13:37 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
タスポ
自販機の前で
外国人は待っていた

いつまで待っても
何も出てこない

だから外国人は
待ち続けて

やがて
頭の上に白いものが積もった

かわいそうに

百害あって一利なし
ああほんとうだね

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2009/09/14 14:29 】 | 好きに書いた詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。