スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
再会
おじいさんは立ち上がった

空いたばかりの前の座席に

座り直した

おばあさんは一人分の席を詰めて

座り直した


スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/16 17:45 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
横並びロード
夕焼けがオレンジ色に染めた歩道

僕たちはどこまでも横に広がって

どこまでも一緒に歩き続ける

100人の友達

「誰も、遅れるんじゃないぞ」


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2009/06/16 17:27 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ボイス
ふとした時にきこえてくる

声は

僕を出て行くことができない

笑顔なんかは

とっくに消えたのに


テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2009/06/16 17:17 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ダブルクリック
キミが砂時計をちらちらするから

考えてくれていると思った

僕の言葉を

ああ、でももう待てないよ


さようなら

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/16 17:04 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
魔法の言葉
しょんぼりとした店員

「このままでいいです」

と言うと、急に元気になった

やっぱり面倒臭かったんだね

閉じ込めてばかりなのは


テーマ: - ジャンル:小説・文学

【2009/06/16 16:33 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
陶酔
一行さえも理解できない

そのまま

一行ごとに突き刺さってくるような

狂気

死んでもいい  と誰かの賛美


【2009/06/16 16:27 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
猫の瞳で雨は踊る
眠るべくして猫は眠る

けれども僕はわからない

書くことならばいくらでもあるのに

書くべきことが何かなんて

ひとつもわからない

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2009/06/09 17:26 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
別に気にしない
僕の頭の中に

何も浮かんでこなくても

痛みは絶望ほどじゃない

僕は今 白い空の真下で

『青空』を聴いています


テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/08 18:57 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ちゃんと生きているぞ
早速届けられたメッセージに

自分のブログが生きていることを

実感して安心する

僕はそれを言葉にしておいてから

届きたてのスパムを削除する

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/07 14:49 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
命のうた
眠くなったのでさあ、歌ってくれ

信号が青に変わる瞬間   

助手は大きな声で歌い始めた

夜とともに駆ける命の選曲は

アンパンマンだった


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/01 15:42 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。