スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
エレベーターボーイ
「忙しいから上がってきて」

僕はタコのように駆け上がる

「忙しいから下りてきて」

僕はタコのように駆け下りる

燃え落ちていく


スポンサーサイト

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2008/05/29 08:44 】 | だいたい5行詩 | コメント(2) | トラックバック(0) |
僕と知らない人
僕が知らない人だから

僕が知らないことをたくさん話した

僕はそろそろ黙らなければならない

僕が話せたのは

僕を知らない人だったから


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/27 22:53 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
過去の形
「このままでよろしかったでしょうか?」

いいえ

あなたに会うのは初めてです

はい

きっと、そのままで


テーマ: - ジャンル:小説・文学

【2008/05/24 10:30 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
誰でもよかった
僕の手紙を
誰かに開いてほしかったのです
心の届く相手なら
誰でもよかったのです


*


お姫様は
最初の男を無視し
2番目の男を追い返して
3番目の男を迷わず選びました
そうして結婚して幸せになりました
本に書いてあったのです
ハッピーエンドになることが
最初から決まっていたのです


*


19時30分に
そこにいたという理由で
若者は
死ななければならなりませんでした

「誰でもよかった」

人間が言いました



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/19 17:33 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(0) |
横殴り
キミと一緒に買った
青い傘を
容赦なく貫いていく
4日前の雲から降り注いでくる
雨が
僕を
横殴りにして弄んでいる

今さら
さしているものは
どこを向いても方向違いだ

4日前に気づくこともなく
笑っていたからだ
100年前の女に
思いっきり殴られて

跳ね返す場所は
ここにはない


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/13 18:45 】 | できそこない道 | コメント(0) | トラックバック(1) |
空色
雨は

もう降り始めている

まだ届いてはいないけれど

僕は見てるんだ

あなたの空色を



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/12 17:24 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おもてなし
キミが呑み込めなかった言葉は

電子レンジで温めなおされて

新しく訪れる人のテーブルに届く

新しい言葉を装いながら

次から次へと嘘が並べられていく


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/10 10:28 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ニワトリの朝
朝 鏡をみると

ニワトリになっていた

「コケコッコー!」

日本語で言ってみる

4時30分


テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2008/05/09 07:31 】 | だいたい5行詩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。